M字はげの予防と頭皮の健康の関係とは

M字はげの予防と頭皮の健康の関係とはについての解説記事

頭皮の健康について学んでおきましょう

頭皮の健康が抜け毛・薄毛につながるってホント?

育毛に大切な2つの要素をご存知ですか?
健康な髪の毛のためには、その土台となる頭皮を「清潔」に、そして「健康」に保つことが最も重要です。

 

そのためには、シャンプーの際に髪の毛だけでなく頭皮もしっかりと洗い、毛穴に皮脂汚れなどが詰まらないよう気を付けることはもちろん、マッサージなどで血行を促進して栄養が行き渡りやすいようにすることが大切です。

 

ただ、頭皮を清潔に保つことに一生懸命になりすぎると逆効果となって抜け毛を増やすことがありますので、正しい頭皮ケアの知識を身に付けて育毛に役立てましょう。

洗浄力の高いシャンプーが育毛に良いとは限らない

髪の毛や頭皮はベタつきやニオイが気になりやすいため、洗浄力のあるシャンプーを選ぶ人が多いといいますが、「洗浄力が高い」ということは「頭皮への刺激が強い」ということです。肌の弱い人は痒みや炎症を起こすことも多く、抜け毛が気になるのであればなおさら刺激の強いシャンプーは避ける方が安全です。

 

また、皮脂には乾燥や外部の刺激などから頭皮や髪の毛を守る働きがありますが、洗浄力の高いシャンプーは必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮の乾燥や痒みの原因となってしまいます。

 

そして、乾燥した皮膚を保護しようとする働きにより、皮脂の分泌が促進されることで、毛穴が詰まりやすくなり抜け毛の原因にもつながります。

 

正しい方法でシャンプーすれば、洗浄力がそれほど高くないものでも十分汚れを落とすことができますので、頭皮に優しく毎日使える無添加のシャンプーやアミノ酸系のシャンプーがお勧めです。

朝シャンプーを行う人は要注意

髪の毛や頭皮を清潔に保つために朝シャンプーをする人がいます。睡眠中は汗をかきやすく皮脂の分泌も活発なため、頭皮のベタつきやニオイが気になるという人は少しでもキレイにしておこうと朝シャンプーをする傾向にあるようです。

 

また、残業や付き合いで帰宅が遅く、そのまま寝てしまうという人も多いようですが、一日の終わりに髪の毛を洗わないことが、抜け毛や薄毛の原因となることもあります。

 

特に、整髪料を使う場合は何も付けていない状態よりも汚れが付着しやすいため、頭皮の汚れが原因の抜け毛などのリスクが高まります。

 

例えば、朝出掛ける前に整髪料を使うと夜シャンプーをするまで汚れた状態となりますが、その日のうちにちゃんとシャンプーすれば、少なくとも頭皮が清潔な状態で睡眠を取ることができます。

 

しかし、髪の毛を洗わずに就寝してしまうと、整髪料や皮脂汚れなどが溜まった状態で頭皮や髪の毛のメンテナンスが行われることとなり、髪の毛の成長にも悪影響を与えます。

 

また、頭皮に溜まった汚れは皮脂の詰まりの原因となり、雑菌が繁殖しやすくなって様々な頭皮トラブルを引き起こします。朝シャンプーする方がより清潔に感じますが、一日分の汚れが溜まった状態を放置するほど頭皮の健康に悪いことはありません。

 

毎日洗っているから大丈夫と安心するのではなく、朝シャンプーをして整髪料を付けた状態がどのくらい続くのか考えてみましょう。整髪料によって汚れやすい状態のまま、およそ24時間放置されていると考えれば、どんなに疲れていても一日の終わりにちゃんとシャンプーすることの大切さが分るはずです。

 

その他にも、慌ただしい朝の時間帯は丁寧にシャンプーをしている時間が取れず、髪の毛を乾かすことも疎かになりやすいといえ、それが原因で抜け毛や薄毛を進行させてしまうようです。

 

シャンプーは、頭皮をマッサージして血行を促進できる良い機会ですが、忙しく丁寧に洗っている時間がないため、洗い方が乱暴になったり、汚れが残ったままとなって抜け毛の増加につながります。また、洗髪後に髪の毛をしっかり乾かさないと頭皮も湿った状態になりやすく、雑菌が繁殖して皮膚トラブルの原因となります。

 

抜け毛・薄毛を本気で改善したいのであれば、高価な育毛剤に頼る前にまず頭皮の健康に気を付けることが大切です。

↓最新のM字発毛おすすめ育毛剤は、こちら↓

M字発毛ナビおすすめ育毛剤ランキング

M字ハゲに効く育毛剤のランキングです。

普段のシャンプーの仕方を見直し、正しい頭皮ケアを身に付けて育毛に役立てましょう。