薄毛の遺伝性ウソ・ホントについて

薄毛の遺伝性ウソ・ホントについて紹介します。

薄毛と遺伝との関係

薄毛や抜け毛を気にする人に限って多いのが、薄毛は遺伝だから、という言い訳です。特に、自分の父親が薄毛だと高い確率で自分も禿げると思い込んでいる人が少なくありませんが、薄毛には様々な原因があり、遺伝性だけで髪の毛が少なくなるということはありません。

 

それでも、家族の中に薄毛の人がいると子や兄弟にも薄毛の人が多く見られるのは事実です。しかし、親の薄毛がそのまま遺伝するのではなく、抜け毛の原因となる皮膚トラブルや、抜け毛を増進させる生活習慣などを共有していることが背景にあると考えられています。抜け毛には食事や生活習慣が深く関わるため、薄毛に悩む親や家族と同じように生活していれば、同様の症状を引き起こす可能性は高まるのです。

 

つまり、薄毛は遺伝が原因で起こるのではなく、抜け毛を引き起こす環境が一番大きな原因となっているといえ、逆にそのような生活習慣を見直して早めに対策を行えば、将来的な薄毛を予防できることはもちろん、抜け毛を改善することも可能です。

 

これまで自分の薄毛は遺伝によるものと考えていた人でも、ライフスタイルを見直して規則正しい生活を心がけるだけで症状が大きく改善することがよくあります。万が一、薄毛が遺伝によるものだとしても、様々な要素が複雑に関わり合って抜け毛などの症状を増進させている可能性もありますので、その原因を見つけて一つずつ改善して行くことが大切です。

↓最新のM字発毛おすすめ育毛剤は、こちら↓

M字発毛ナビおすすめ育毛剤ランキング

M字ハゲに効く育毛剤のランキングです。

遺伝だと諦めないで自信を持ちましょう!